ビジネスレベルの英語の目安は?【勘違いしている人多すぎます】

海外で働く

ビジネスレベルの英語を身に着けたいけど、どのくらいのレベルが必要なの?TOEICや英検の目安はあるの?すごくレベルが高そうで自分には難しそう…


こんな疑問に答えます。

ビジネスレベルの英語の目安は?

ビジネスレベルの英語の目安は?

実はレベルは高くない

いきなり答えのようですが、実はそれほどレベルは高くありません。

もちろん仕事にもよるのですが、レベルが高くないのに英語で仕事をしている人はたくさんいます。むしろ、そういう人の方が多いくらい。

本当に最低限の英語だけ使って、何とか喋れてる、何とかメールを送れているという人はたくさんいます。

外資系企業や商社など、元々英語ができる人が集まる会社にはもともと英語ができる人も多い印象。ですが、海外に進出している日系メーカーなどで働いてる人の英語力はマチマチ、です。

そうは言っても目安が知りたいという人も多いと思いますので、資格での目安も解説しておきます。

TOEICであれば730点

社内で、TOEICの取得が義務付けられている会社もあるでしょう。会社によって目安があるとは思いますが、730点くらいが一つの目安でしょう。600点でもよいのですが、700点を超えるあたりが、英語ができる人と認知される一つの目標でしょう。

TOEICの勉強をするのであれば、対策をするのが手っ取り早いです。


業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH

ただ繰り返しますが、現実はそんなにレベル高くなくても大丈夫。300点台の人(もしくは受けたこともない人も)たくさんいます。

英検であれば2級

英検であれば2級が目安。高校卒業レベルですね。

え、低いじゃん?と思うかもしれません。そりゃもちろん、高ければ高いに越したことはないです。準1級の方がよいし、1級の方が良いです。

が、実務においては必ずしも必要ないです。英検2級くらいに合格できる単語力があれば、仕事になります。

ネイティブレベルとは違います

繰り返しますが、ビジネスレベルはネイティブレベルとは違います。

ビジネスレベルと聞いた時にネイティブのように流暢に会話することを想像する人も多いと思います。

ですが、実際の現場は違います。例えば海外営業であれば、注文が取れればよいのです。注文をとるために、ネイティブレベルの英語力は、必ずしも必要ありません。

ビジネスレベルの英語を身に着ける方法

経験が一番大事

手っ取り早いのは、経験することです。

毎日、英語でメールのやりとりをしていれば、嫌でも英語の文章を読むことに慣れていきます。会話も上達していくでしょう。

ただ、経験するためには、会社で「英語ができるやつ」と思われなければなりません。

錯覚資産を活用する

そこで活用するのが、「錯覚資産」です。

錯覚資産に関しては、『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』に詳しく書いてるので読んでみてほしいですが、実力がないのに実力があると思わせる力、です。

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

英語で考えてみると、TOEIC730点は一つの錯覚資産の例えとして使えます。

ぶっちゃけ、TOEIC730点とれる人でも英語できない人はたくさんいます。でも、そんなこと関係ないんです。「こいつは英語ができる」と思われれば、英語関係の仕事が回ってくるようになります。これが錯覚資産です。

まとめ【おすすめの英語学習も紹介】

結論、

  • ビジネスレベルの英語は、そんなにレベルは高くない
  • 目安は、TOIEC730点、英検2級

です。

ただ、世の中全体のレベルはそれほど高くないので、これから挑戦する人はまずやってみるのが大事。まずは、バッターボックスに立つことです。そのための勉強はこちらから。

業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH

おすすめの勉強方法に関しては、ビジネス英語を勉強する方法【3つのポイントを解説します】でも解説していますので、読んでみてください。

この記事を書いた人
しろくま

タイのバンコクに在住。ブログ書いてます。
海外駐在の体験や、株式投資に関してブログ書いてます。本業×副業で資産を増やして、2026年にセミリタイアが目標。
他の国にも住んでみたい。

しろくまをフォローする
海外で働く
しろくまをフォローする
しろくま日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました